ぷろのーと

なにかのプロになりたい人のブログ。

デュエルクエストがフレンドクエストになりそう話

遊戯王デュエルリンクスがイベント、デュエルクエストが開催中です。

ゲームをプレイしていると自然と進行していくイベントですが、このイベントはフレンドが多いほうが報酬が増えて有利になるイベントですね。今回はフレンドがいるボーナススコアに加えて、自分とフレンド一人報酬が贈られる宝箱があります。

今回のデュエルクエストはフレンドを増やせと言わんばかりです。実際デュエルクエストがはじまって3日ですが、フレンドが2人増えました。

それどころか、イベントの画面にはおすすめのフレンドへのリンクまで貼ってある親切仕様です。
f:id:syerox:20181110173357j:image

これはフレンドを増やしていかないといけませんねえ。

身近な紅葉と思い出の黄葉

身近な紅葉と思い出の黄葉

今週のお題「紅葉」

紅葉というと、もみじやカエデのように葉が紅くなる場合を紅葉というようです。紅葉も好きですが、わたしは秋といえばイチョウが黄色くなる方が思い出があります。こちらはおなじ"こうよう"でも黄葉と書くようです。

身近なところでは最近紅葉が目につく。もう葉が散りかけているから、あと少しの間しか見れないのだろうが、紅葉を見かけると秋だなあと感じる。枕草子では「秋は、夕暮れ。夕日のさして~」とあるが、私は夕暮れもさることながら、秋は晴れた日中に、少し時間がゆっくり流れるような雰囲気に浸るのが好きである。この雰囲気を醸し出すのには散る前の紅葉も一役買っている。
f:id:syerox:20181110165431j:image

ただ私にとっての一番の思い出は黄葉の方である。

私が子どものことは、家の近くに小さな山があった。ほとんど人が来ない場所だったが、わたしにとっては遊び場だった。その山の頂上近くに大きなイチョウの木が生えていた。そのイチョウの葉が黄色くなるだけでも綺麗なのだが、一番感動したのはそのイチョウの葉が地面を覆うように散っていた光景を見たときである。今でいうインスタ映えしそうな、イチョウのカーペットである。

【イチョウ カーペット】で検索してもらうとイメージしてもらえると思うが、まさに黄金の絨毯のような光景が目の前に広がっていたのである。人もあまり来ないところだったので、踏み荒らされているわけでもない、自分だけのイチョウのカーペットには子どもながらに感動した。いつか、機会があれば地元のイチョウを見にいきたいなあと思う。

ポケモンGOの通信障害に初遭遇した話

ポケモンGOには月1回コミュニティ・デイがあり普段登場しないあるポケモンが大量に登場したり、色違いのポケモンが登場したり、期間中に特定のポケモンを進化させると特別なわざを覚えたりする。

しかし、このコミュニティ・ディは多くの人が同時にプレイするためか通信障害が起きることがありこれまでも別の日に同じイベントをやり直したり、イベント時間を延長するという対応があった。

私は福岡の少し田舎でプレイしているためか、この通信障害に遭遇したことがこれまでなかった。

しかし2018年11月10日のコミュニティ・デイ、ヒノアラシが大量発生し、さらにもらえるアイテム(ほしのすな)が通常時の4倍になるという今回、ついに通信障害に遭遇した。

私の場合、たしかにヒノアラシが出現しているのだが、ヒノアラシをタップしても遭遇しない。つまりゲットする画面に全然移行しない。はっきりいってまともにプレイができない。

最初はスマートフォンの通信制限を疑いwi-fiに繋いでみたが変わらなかった。また別のアプリは普通につながる。ここではじめて、これが噂のポケモンGO通信障害だと気づいた。

目の前にポケモンがいるのに、ゲットをできないというお預けタイム。

たしかに、これに遭遇すればストレスも溜まるし、つらいものがある。

ただこれまで田舎でプレイしていたためか、ヨーギラスが大量発生したときや、ダンバルが大量発生したときにも通信障害に遭遇して来なかったため少し流行にのれた感があるので複雑である。


f:id:syerox:20181110123623j:image

う運良く一度ボールを投げるところまでは行ったが、そこで止まってしまった。
f:id:syerox:20181110124651j:image

 ちなみにポケモンGOの公式アカウントがアジア地域で不具合があったことを報告しているため、私の勘違いではないことは間違いない。

ポケモンGOに追加してほしいソート機能

新ポケモン追加やイベントなどで再びブーム到来かともいわれているポケモンGO。

ポケモンGOは、配信開始時に比べると多くの機能が追加されたり、改善されたりしてきました。

ポケモンGOでは自分が捕まえたポケモンをソートつまり並び替える機能があります。

捕まえた日付、お気に入り、番号、HP、名前、強さ(CP)で並び替えができます。

ここにもう一つ追加してほしいなあと思っている順番があります。それは、捕まえている(手持ちに持っている)ポケモンの数が多い順です。例えばヒトカゲを1匹、ポッポを5匹、コラッタを3匹捕まえていれば、ポッポ5匹、コラッタ3匹、ヒトカゲ1匹の順番に並ぶ機能ということです。

正直、理由はたくさん持っているポケモンは博士に送って、手持ちのポケモンボックスの空きを確保したいからです。

この心理は単純で、一匹しかもっていないポケモンは大事に持っておきたいけれど、たくさん捕まえているポケモンは技や個体値(評価)がいいポケモンを残して、そうじゃないポケモンは博士に送ってしまって、次のポケモンが捕まえられる空きがほしいなあという話です。

きっとこの機能がほしいトレーナーは私だけじゃないと思います!

博士にポケモンを送るだけじゃなく、ポケモンボックスの拡張も進めていきたいですね。

デュエルリンクス・デュエルクエストスタート

デュエルリンクスにデュエルクエストというイベントがはじまりましたね。

デュエルクエストは特になにかをするイベントではなく、普通にデュエルをしていたらポイントがもらえて、集めると報酬がもらえるイベントです。

ちょっと思ってたのと違いました。これまでのデュエルランに近いイベントなんですね。普通にプレイしていたら、限界のフロアにすぐに到達してしまいました。

報酬でジェムなどももらえるようなので、どちらかというと、最近デュエルリンクスをはじめた初心者向けのイベントだと思いました。5d'sステージ開放でプレイをはじめた人は、キャラの経験値50%UPとあわせて初心者やキャラのレベルがmaxに到達していないプレイヤーはデュエルをするチャンスといえそうです。

ちなみにこのドット絵の感じが私はすごく好きです。最近はドット絵のゲームなんてあまり見かけませんが、ドット絵にはドット絵の良さがあるように思います。
f:id:syerox:20181109090345j:image

新のぞき屋を全巻読んだ感想

新のぞき屋を全巻読みました。山本英夫先生の作品です。

全部で11巻なので、全巻読もうと思っても読みやすい作品です。

また、話もテンポよく進み、ギャグ的な部分もあるのでさくさく読むことができますが、内容や描写的に小さい子どもには読ませたくない作品ではあります。

また、"人の闇をのぞく!"といった煽り文句がついているのを見かけましたが、いわゆる裏社会をのぞくというものではなく、ふつうの家庭をのぞく作品です。そのためリアリティは感じやすいかと思います。

"新のぞき屋"の主人公は"のぞき屋"をしている見(ケン)です。"のぞき屋"は依頼を受ければどんな人間の生活でものぞくという探偵ものです。

探偵ものといっても殺人事件が起きて、それを解決するみたいなものとは違って、現実での探偵の仕事に近いものになっています。

他に新人のスマイルやイルカ並みの聴力を持つ聴(チョウ)らと共に調査依頼を通して、様々な人間模様をのぞいていくという作品です。

一つの依頼に対して10話以上つかって、対象やその周りの人間模様が丁寧に描かれています。ドラマに近いところがあるかなと思います。

のぞき屋ということですが、のぞき、盗聴、ピッキングなどいろいろな手段が登場しました。こういう部分はリアリティがあったと思います。

ただ個人的には描かれた時代を感じる作品でもありました。現在2018年ならスマートフォンに盗聴用のアプリを入れたりなんてことがありそうですが、公衆電話やポケベルが現役の時代です。盗聴やのぞきもそういった時代を反映したものになっています。

完結はしているようですが、主人公の過去や主人公とヒロインとの関係などはあまり深く描かれていないように感じました。正直、全巻読んでも"ここで終わりなの?"という感想です。物語の伏線や登場人物の謎などがすべて描かれて読み終わったときに爽快感があるような作品もありますが、これはそういう作品ではないと思います。

ふつうの家庭の人の人間模様が描かれた作品が読みたいという人や、20年前くらいの探偵の仕事の雰囲気について感じてみたい人にはおすすめできる作品だと思いました。

ポケモンGOでミュウをゲットした話

たまにやってるポケモンGOの話です。

おそらくポケモンGOの攻略に力を入れている人はとっくにクリアしているスペシャルリサーチ(幻のポケモンを追え!)の話です。

3月31日に実装されてからちまちまやっていたのですが、実はなかなかクリアできないタスクが一個ありました。

私にとっての最後の難関、それは"カーブボールのエクセレントスローを1回投げる"です。

カーブボールだけなら、ボールを回してから投げればカーブはかかるので苦労しないのですが、これでエクセレントスローを狙うのが全然できませんでした。

そこまで、カーブボールをコントロールできていなかったからだと思います。

ちなみに私はポニータでこのタスクをクリアしました。ボールを投げるときの円が比較的大きなポケモンのほうがエクセレントスローを狙いやすいのかなと思います。

なにはともあれミュウをゲットできました。

次はセレビィをがんばります。


f:id:syerox:20181107002431j:image