ぷろのーと

なにかのプロになりたい人のブログ。

実名公表・実名報道の意義についての個人的な意見とまとめ

事件、事故の被害者の実名の公表について、自分が調べ考えたこと、意見を整理します。

考えるきっかけは、京アニの放火殺人事件で、京都府警が犠牲になった35人のうち身元の公表されていない25人の公表を求める申し入れ書を提出したという内容であり、最初は実名公表を求める必要はないと思ったものの、考えなどをここで整理しました。

結論としては、内容が真実であることを保証するためには実名公表・実名報道は必要であるが、京アニの放火殺人事件のような真実であることがある程度は保証され、世間の注目も高いような事件では、実名公表は時期を慎重に判断していいのではないかと思います。

ただし、そもそもこういう議論が生まれた原因はマスメディアの集団的過熱取材(メディアスクラム)など、マスメディアに自浄作用が無いことが大きな原因であることを付け加えておきます。

 まずは、実名公表、実名報道について一般論から整理します。

実名公表と実名報道

まず、実名公表と実名報道は似ているようで異なるといえます。厳密な定義はないようですが、次のように違いがあるといえそうです。

実名公表:警察などが確認した身元や実名を、取材を行うマスメディアなどに発表する

実名報道:実名をマスメディアなどが新聞やテレビなどで報道する

この記事では、実名公表と実名報道を次のように使い分けます。

実名公表で起こることと意義

まず実名が公表されると、なにが起こるか(できるようになるか)を整理します。

・マスメディアが正確に、遺族などに取材を行うことができ、正確に事件、事故を把握できるようになる

・マスメディアが正確に実名報道を行うことができるようになる

次に被害者の実名公表の意義、つまり実名公表が必要な理由です。

実名公表が必要な理由は、警察などの発表が真実であることを保証するための一つしかないように思います。被害者の実名が公表されなければ、警察などにより事件が捏造される可能性があるわけです。そういった公権力の暴走をマスメディアが監視するためには、実名公表は必要です。

警察などの公権力の監視のためには、今後も実名の公表は必要であるといえます。

実名報道の意義

実名報道の意義や必要性については、この記事に書かれているように"現実を共有するため”や"無念や悲しみを伝えるため”など意見はマスメディアによっても様々な意見があるといえますし、報道に関わる人それぞれが意義をもっているともいえます。

しかし、私は被害者の実名報道が必要な理由もまた、マスメディアの報道内容が真実であることを保証するためしかなく、他の意義は報道する側のそれぞれの勝手な意見であると考えるに至りました。

マスメディアの報道内容が真実であることを保証するために実名報道が必要であるということは、正しいと思います。被害者を匿名で報じると、その事件が本当に起きたかどうかを確認する手段が一つ失われるということは間違いないと思います。

しかしながら、これまでも事件によってはマスメディア側の判断で匿名で報道された特例もあります。また、例えば「〇〇市〇〇区で25歳の男性会社員が殺害された」といったような被害者の匿名報道でも、事件の起きた地名、被害者の年齢、性別などのみでも、その報道が真実であるかどうかを確認することは可能だと考えられます。

そのため、被害者の実名報道を行う以上、今後もマスメディアがその必要性を示していく必要があるといえます。

この他の様々な意義ですが、大別すると、悲しみや無念などの感情をマスメディアが伝えるためと報道を受けた側が考えるためがあるように思います。

感情を伝えるためという点は、実名報道などから感情を伝えやすくなる可能性はありますが、匿名報道では感情を伝えられないとはいえませんし、重要性は低いといえるのではないかと思います。

報道を受けた、知った側が考えるためという点では、実名報道によって身近に感じるといった可能性はありますが、これも匿名報道では考えないとはいえませんし、重要性は低いといえると思います。

実名公表・実名報道の問題点と京アニの事件について

実名報道には少なからず意義があるにもかかわらず、京アニの事件で実名公表がされないようになった理由は、これまでのマスメディアの集団的過熱取材(メディアスクラム)が大きな原因であることは間違いないと思います。これまでのマスメディアの取材態度や世間の注目性から今回も実名公表すると集団的過熱取材(メディアスクラム)が起きる可能性が高いという判断は異論がある人のほうが少ないように感じます。

また、京アニの事件に関していえば、被害者のうち実名が公表されている被害者もおり、火災の写真や映像、火災の現場の状態から、事件が真実であることの保証ができるという点では、実名公表が速やかに行われる必要性はないように思います。

また、実名公表と実名報道と遺族や関係者への取材の可否、取材の態度は分けて考えるべき話であり、実名公表を求める前にマスメディアの取材の態度などを問題が無くなるようにするほうが先であるべきだと思います。

また、被害者について取材や報道を行う限り、どんなに配慮したとしても、被害者を傷つけることにはなると思います。マスメディアは被害者を傷つけながら、被害者について報道を行い、利益を得ている以上、利益の一部を被害者支援に使うことがマスメディアの義務ではないかと思います。

参考にさせていただいたサイト・記事

togetter.com

www.j-cast.com

ja.wikipedia.org

www.jiji.com

www.j-cast.com

 

2019年上半期のふりかえり

今週のお題「2019年上半期」

一週間遅れだけど、許してください。

気づけば、もう半年がたったと思うと一年って早いなと思います。

2019年上半期は、少しずつだけども新しいことにはチャレンジもできていると思います。

ただ、もっとアクティブに活動ができればと思っています。いろいろとやっているのですが、どうにもアクティブさが足りないように感じます。

そして、自分の実績や能力、向上心の低さを実感します。

自分の自信がどんどんなくなっていってます。

もっと、強くなれればいいのですが、どうしてこんなにメンタルが弱いのだと悲しくなります。

PS4の外付けSSDと発生した不具合

PS4の外付けSSD購入の話

PS4を購入したのが2015年の3月でした。具体的にはブラッドボーンの発売とほぼ同時にブラッドボーンと一緒にPS4を購入したという次第です。当時はPS4proとかは発売すらされておらず、型番でいうとCUH-1100AB02となります。

その後数年の間、PS4でゲームを遊んできたわけですが、当時発売されていたPS4はHDDの容量が500GBで、ゲームを遊んでいるうちに遂にHDDの容量の限界に達しました。具体的には2018年の12月の話です。

そこで、古いゲームのデータを消しても良かったのですが、また遊ぶかもしれないというのと、外付けのSSDを試してみたいということもあって外付けSSDを購入しました。

具体的には下のリンクの外付けSSDを購入しました。

使い方自体は非常に簡単でUSBケーブルで接続して、設定すると使えるようになりました。

kakakumag.com

こちらのサイトの記事などに具体的な設定方法は書かれているので、この記事では省略します。

外付けSSDをつけた直後は使える容量も増え、特に問題も感じていなかったです。肝心のゲームの起動時間やロード時間はというと、早くなったかなというくらいで、正直、劇的な変化とまではいきませんでしたが、満足していました。

その後もたまにゲームをしていたわけですが、特に問題には気づきませんでした。

外付けSSD購入後の不具合

そして外付けSSDの購入から6ヶ月後の先日、久しぶりにモンスターハンターワールドをプレイしようとすると、ゲームの起動にも一分以上時間がかかり、クエストのロードが時間も二分以上かかるという、プレイしていてストレスを感じる状態になっていました。

ゲームがプレイできないということはないわけですが、流石に症状がおかしいということで、最初はシステムアップデートやソフトのアップデートも疑いましたが、SSDがおかしいのではと思いあたりました。

そこで、外付けSSDに入れていたデータをPS4の内蔵のHDDに戻すことにしました。外付けSSDから内蔵HDDへの転送に60分くらいかかりましたが、無事転送でき、モンスターハンターワールドをプレイすると、ロード時間が先ほどと比べて非常に短いと感じるほどの差がありました。

これで外付けSSDのどこかに問題があると確信したので、いろいろなサイトのレビューを見ると接続するUSBのケーブルに不具合が起きやすいということがわかりました。

外付けSSDを接続していたUSBケーブルは、外付けSSDを購入したときに付属されていたものでしたが、新たにAmazonで下のケーブルを購入してみました。

早速ケーブルを交換してみると、不具合は起きてなさそうでした。再びモンスターハンターワールドのデータを内蔵HDDから外付けSSDに移動させると、移動時間も4分ほどでした。内蔵HDDから外付けSSDへの転送と外付けSSDから内蔵HDDへの転送を転送の時間だけで一概に比較はできないと思いますが、転送時間も全く違いました。

実際にモンスターハンターワールドをプレイしてみるとロード時間も短くなっており、不具合は解決したと思っています。

今回は症状が発生したのが日曜日だったこともあり、保証期間内でしたがSSDのメーカーに電話せずにUSBケーブルを購入してしまいました。

もし、PS4と外付けSSDで同じような不具合が出た方は、USBケーブルを疑ってみると解決するかもしれません。

関連コンテンツユニットのアイキャッチ画像・サムネイルが違う問題

関連コンテンツユニットのトラブル

グーグルアドセンスの関連コンテンツユニットが解放されたと喜んで、早速設置したところ、トラブルも起きてしまいました。

それが、関連コンテンツユニットで表示される自分の記事のアイキャッチ画像・サムネイルがおかしいという問題です。

こちらの方が記事にしていることと同じ問題です。

narublo.com

 

どうしてこうなってしまったのかというと、私が全ての記事にアイキャッチ画像(サムネイル)を設定していなかったんですね。

具体的には、全記事の半分くらいにアイキャッチ画像(サムネイル)を設定していたという感じです。

その結果、関連コンテンツユニットとしては

私の関連記事を紹介したい→でも、その記事には画像がない→別の記事の画像を表示しよう

ということがおきてしまったようです。

しかも、アイキャッチ画像(サムネイル)は記事のタイトルなどを書いたものなので、記事のタイトルと画像の文字が違うという大問題になっています。

とりあえず、大至急アイキャッチ画像(サムネイル)を準備しています。

ただ、アイキャッチ画像(サムネイル)をつけたからといってすぐに対応されるわけではないようなので、しばらく様子見です。

今後、解決したかどうかは追記したいと思っています。

追記:一週間後の様子

まず、一週間の間にアイキャッチ画像(サムネイル)をつけていったのですが、全部の記事につけたかというと、そこまでの時間がとれず30記事ほどアイキャッチ画像(サムネイル)のついていない記事が残っています。

肝心のアドセンスの関連コンテンツユニットの表示ですが、一部の記事では新しいアイキャッチ画像(サムネイル)が表示されています。ただ、アイキャッチ画像(サムネイル)を設定したにも関わらず別の記事の画像を表示されているものもあります。少し改善が見られたというのが一週間後の結論です。

追記:二週間後の様子

二週間の間にアイキャッチ画像(サムネイル)を全部の記事につけ終わりました。

アドセンスの関連コンテンツユニットの表示は、徐々に設定したサムネイルで表示される場合が多くなっていってます。体感ですが、表示がおかしいケースが10%程度になったので、かなり改善しているという印象です。あと、一~二週間もするとすべての表示が理想通りになるのではないかと思います。

追記:三週間後の様子

三週間後は確認する限り、問題なく表示されるようになっています。関連コンテンツユニットの広告記事もクリックされているので、嬉しい限りです。

これからアドセンスの関連コンテンツユニットを狙っている人への提案

まず、すでにブログを書いていて全ての記事にアイキャッチ画像(サムネイル)をつけている方はこの先読まなくて大丈夫です。

私の失敗例を参考に二つ提案をしておきます。

一つは、アイキャッチ画像に文字をいれないただの画像にしておくと、違うサムネイルが表示されても違和感はないというズボラな提案です。

ブログはリライトで良いものにしていくという方法はよくある方法なので、記事を公開する最初は画像だけのサムネイルで、時間に余裕のあるときに文字も入れたサムネイルに変更するなどの戦略もありだと思います。

もう一つは、アイキャッチ画像を全ての記事にきっちり準備しましょうという提案です。これが理想ですね。

アドセンス関連コンテンツユニット解放の条件実例

グーグルアドセンスの関連コンテンツユニット

Google AdSense (グーグルアドセンス) の関連コンテンツユニットの解放はブログで収益化を考えている人の一つの目標になっているのではないかと思います。

ただ、その条件は明言されているわけではなく、自分のブログはいつ使えるようになるのかと、どぎまぎしている人もいるのではないかなと思います。実際、私がそうでした。

このブログはサブブログなのですが、メインでやっているブログで、ついにグーグルアドセンスの関連コンテンツユニットが使えるようになったので、そのときの状態を書いておきます。(半分くらい自分用のメモのつもりです笑)

私のアドセンス関連コンテンツユニット解放の条件

ブログを始めてからの期間:1年1ヶ月

Google AdSenseに合格してからの期間:10.5ヶ月

記事数:189

直近10日間の平均アクセス数 (pv):1266

以下は、関係あるかは定かでないけど・・・

ブログは、はてなブログを使用しています。

数日前にパンくずリストを表示されるように変更しました。それまでは表示しない設定になっていました。

1.5ヶ月ほど前に半分程度の記事にアイキャッチ画像(サムネイル)を設定しました。それまではアイキャッチ画像(サムネイル)は設定していませんでした。

ちょっとした考察

記事数が100記事くらいで関連コンテンツユニットが使えるようになったという記事をいろいろ目にしてきたので、自分もそのくらいでいくかなと思ったのですが、記事数は200記事近く必要という結果でした。

ただ、記事の文字数は文字数が少ない記事は500字程度のものもあり、平均で1000字程度だと思います。

記事の文字数が少なかったので、関連コンテンツユニットが使えるまでに必要な記事数が多く必要だったのではないかと思います。もし、平均の文字数が2000字やそれ以上だったら、もっと早く関連コンテンツユニットが解放されたかもしれません。

ただ文字数が少なくても記事数とアクセス数がしっかりあれば、解放されるということもいえます。

そして、設置して一日が経ちましたが、すでにクリックされていて収益に貢献しはじめています。関連コンテンツユニットの効果はなかなかですね。

サムネイル (アイキャッチ画像) の設定は効果があるのかないのかはよくわかりませんが、関連コンテンツユニットではサムネイル (アイキャッチ画像) は必須といって過言ではないので、設定しておいて損はないと思います。

私の場合、早速サムネイルの表示についてトラブルも起きてしまったので、下の記事でもう少し詳しく説明します。

syero7.hatenablog.com

ブログとweb小説の消えないpvの悩み

最近、ブログに加えてweb小説の執筆もはじめました。とりあえず、web小説は完結を目指します。

web小説を書いてみて、いろいろ調べてみると、やっぱりpv(ページビュー)数もしくはアクセス数の悩みにぶち当たるんだなあとわかりました。そして、これはブログとも一緒だなと思います。

ブログの場合の悩み

ブログで、読まれなくてもいいと思っている人はpv数なんて関係ないかもしれませんが、やっぱり承認欲求もあり、だんだん人に読まれたいと思うようになってくる人が多いと思います。ブログも最初は、一人二人と読んでくれただけで嬉しかったのが、気づけば一日に十人、百人と読んでもらいたいと思うようになってしまいました。

しかも、ブログで広告を掲載していたり、アフィリエイトを行っていると、ブログのpv数というものは、収入に大きく関わってくるので、pv数を増やそうとあれこれ工夫している人が多いわけです。

私は全然できていませんが、SEO(検索エンジン最適化)であったり、SNSなどで宣伝している場合も、pv数を伸ばしたいからという場合が多いと思います。

ただ、どうしてもgoogleの検索結果の表示順などgoogleの影響力が大きいので、そこが一つの悩みどころですね。もちろん、読者に価値を与える質の高い記事が大切だと思いますが、検索結果の表示順はアルゴリズムのアップデートで大きく変わったりするそうなので、対策を考え出すとイタチごっこになってキリが無いといえばそのとおりだと思います。

web小説の場合の悩み

web小説もなんでweb小説を執筆するのかと考えると、誰かに読んでもらいたいから、評価や感想をもらいたいからではないかと思います。そうじゃなければ、頭の中で小説を考えているだけでいいんですものね。また、あわよくば、小説が人気になって書籍化したり、コンテストなどで入賞したりしないかと思ってる人もきっと多いと思います。

結局は、web小説もどのくらい読まれるか、何人に読まれるかが気になるわけで、そういう意味では、pv数も重視してしまうのは当然の流れなのかなと思います。

一方で、web小説はgoogleというよりも、"小説家になろう"や"カクヨム"のような、サイト内での表示やコミュニティも比較的大きく影響するようで、ページの中でのランキングであったり、新着表示が読者数、つまりpv数に影響します。

そのために、読んでもらいやすいタイトルや、読みたくなるあらすじをつけたりと、工夫をしている作家さんも多いようです。

作家は自分の作品には自信を持っていると思いますが、読んでもらえないと、価値を伝えることができないという悩みを抱えているんじゃないかなと思います。web小説であっても、コンテストが行われていて、多くの人が投稿している理由は、賞金や書籍化ということもあると思いますが、自分の作品が読んでもらえるということも少なからずあると思います。

pv数の悩み

結局、pv数というものは、承認欲求に関わっているので、インターネットで何かやるうえでは、気にせずにはいられないものなんでしょう。YouTubeのような動画投稿サイトでも再生数は気にせずにはいられない要素になると思います。

しかも収入に関わってくる場合も多いので、重要な要素ともいえます。SNSを活用したりして、ファンを増やそうとする人が多いこともこういったことが影響しているのだと思います。

私は先にブログをやっていましたが、pv数は収入にも影響するので、毎日どころか一日に何度も確認してしまっています。web小説も同じになってしまいそうです。

結局、pv数って結構大切なもので、インターネットで調べると、ある程度は対策方法が紹介されていたりします。

テンプレの内容をやっていくも、そういったことを敢えてしないこともどちらもいいと思いますが、やっぱりpv数が気になるなら、pv数の増やし方やその考え方は知っておくといいのかななんて思いました。

気になるpv数、伸びてくれませんかねぇ。この記事は、ただのエッセイになってしまいました。

鳥人間コンテストを舞台にしたweb小説執筆開始

web小説の投稿

以前の投稿に続き、web小説を本格的に書くことにしました。

お試しで書いてみた短編は、ほぼ読まれていないわけですが、それはそれでいいのかなと諦めです。

さて、色々調べた結果、"小説家になろう"と"カクヨム"の2サイトで掲載することにしました。

個人的にはカクヨムのサイトのデザインが好きなんですが、小説家になろうの方がユーザー数やアクセス数は多いらしいので、両方に投稿することにしました。

新しく書き始めたweb小説の題材ですが、大学の人力飛行機サークルです。

そして本文中では、はっきり明言することは避けようと思っていますが、舞台は鳥人間コンテストです。鳥人間って、商標登録されているので、一応ね。

鳥人間コンテストを舞台にした小説といえば、映画化もされたトリガールやイカロス・レポートが出版されていて、そこそこ有名だと思います。他にも、鳥人間コンテストを題材にした小説が書籍、web小説とあることにはありますね。

ただ、鳥人間コンテストといえば、パイロットだったり、青春といえば恋愛というわけで、そういうものが取り上げられている作品が比較的多いのかなと思います。そして、恋愛やパイロット以外に注目した作品がない、無いなら書くしかないと思って、書き始めました。

もうひとつ、鳥人間といえば、人力飛行機といえば、プロペラ機が花形なんですよね。

滑空機ってあんまり注目されていなくて、小説でも取り上げられるのは、プロペラ機だったりします。

そんなわけで、この小説が読まれて、滑空機やパイロットだけでなくて、舞台裏の製作者にも注目が集まるといいなと思っています。

あわよくば、作者の私も注目されたいですが。

ちなみにタイトルに青春物語と銘打ってみましたが、どこまで青春が描けるかはわかりません。また、簡単に流れやエンディングは決めてるんですが、細かい設定は決めてなくて、書きながら考えていこうと思っています。

あとは、この作品を大人が読んで、改めて鳥人間コンテストに注目してもらえて、鳥人間コンテストの番組の視聴率が増えれば、割とwin-winの関係になると思っていますし、中学生や高校生のなかで、興味のある人が増えて、大学で鳥人間を応援する人や参加する人が一人でも増えてくれれば、それだけでありがたいです。

小説へのリンクとあらすじ

最後に各サイトの小説へのリンクとあらすじだけ掲載しておきますので、良ければ一度読んでください。

 小説家になろう 飛ばしたいだけでワケはない~琵琶湖の空に人力飛行機を飛ばす大学生の青春物語~

カクヨム 飛ばしたいだけでワケはない

あらすじ

主人公の風間 修介は大学1年生。彼は、航空研究会に入り、人力飛行機を製作する。
全ては、琵琶湖で開催される人力飛行機コンテストで優勝するために。

 

ちなみに、途中で紹介したトリガールとイカロス・レポートへの商品リンクも掲載しておきます。