ぷろのーと

なにかのプロになりたい人のブログ。

デモクラティアの感想 

デモクラティアの感想 

 最近読んだマンガデモクラティアの感想です。あまりネタバレしないように書いていきます。

 このデモクラティアの作者は間瀬元朗さんでイキガミの著者でもあります。イキガミも読んだことがありますが、イキガミは人間ドラマがとても印象的でした。

さてこのデモクラティアですが、あらすじとしては主人公は理系の前沢です。彼はいわゆるプログラマーです。彼がヒューマノイドを研究している井熊と出会い"ヒトガタ"というヒューマノイドを作製します。そしてこのヒトガタはインターネット上での多数決で動きます。製作者はこのヒトガタは誰もが模範とする指導者的立場にさえのし上がるのではと考えているが、ヒトガタはどう動かされていくのか・・・

全5巻なので、読むのは楽でした。休日に漫画喫茶とかでも読み終えられちゃう感じです。

最初の設定はとても面白いなと思いました。そして、人間と区別がつかないというレベルは難しいのかもしれませんが、実際にできてしまうのではないかと思ってしまえるようなリアリティがありました。

マンガはヒトガタの動きと多数決をする側の人両方に焦点があてられながら進んでいきましたが、人間ドラマは薄めかなと思いました。多数決をする人の過去などにも触れられながら話は進んでいきましたが、多数決という性質からか、あまり深みは感じなかったです。インターネットの掲示板のようなシステムでの会話と多数決で、どうしてもその投票する人がイキガミのように大きく動くわけではないので、人の考えや気持ちの変化が表れにくいというのも深みが出なかった理由なのかなと感じました。

ただ実際にネットで問題になっているような話も取り上げられていて、インターネットを題材にしたマンガという点では、教えられてるところがありそうな感じでした。

ただ、途中で性的なシーンがあって、子供に教育のために読ませるには、少し難しい作品だと思います。中学生の男子とかだったら、興味ももってレベルもあっているのかもしれません。

5巻の表紙で最後の展開が少し想像できてしまったところはありましたが、それでも最後のあたりでは驚きがありました。最後のあたりで明らかになる人物の正体は特に最近話題になっているだけにちょっと考えさせられるものがありました。ただ、ラストは真新しさはなかっとというか、こういった作品にありがちといえばありがちな感じになっているのが残念でした。

リアリティのあるSFが好きだったら、読んでみると面白いと思えるのではないかなあと思います。あと、ヒューマノイドを実際に研究している人は、この作品を読んでどう感じるのか聞いてみたいです。 

 

あこがれの生活を考えてみた

あこがれの生活というものを考えてみました。

どのレベルが自分の理想かともいえます。

そこで思い至ったのが週に一回程度の頻度で美術館などに行き鑑賞できる生活ではないかと思いました。

ここでは、美術館というのは例えで博物館や展覧会、個展や漫画やアニメの〇〇展、水族館などでもいいかなと思います。

こういったところって必ずしも家から徒歩で行ける距離にあるわけではないですよね。そのため、移動には時間もかかります。

さらに、入館料や入場料も大人一人1000円や2000円くらいの場合が多いです。そして、見て回るためには一時間やそれ以上の時間も必要になります。

そして、閉館の時間も意外と早い場合があり、17時や18時が最終入場なんて場合もざらにあります。

つまり、一日中昼が空いている時間があり、物品の購入以外の用途で数千円使うことのできるようなゆとりのある生活があこがれだなあという話です。

今は、〇〇展とか面白そうって思っても、これに2000円かと思って入るのをためらってしまったりしているので、もっと余裕のある生活がしたいなあとおもいます。

ゴジラのプロジェクションマッピングを鑑賞した感想

キャナルシティに行ったときに、たまたまシン・ゴジラ関連のプロジェクションマッピングを見ました。

正式なタイトルは「ゴジラ 博多、上陸。CANAL CITY HAKATA GODZILLA The Destroy Mapping Show」でした。

今更シン・ゴジラかって思いもありましたが、それなりに楽しめました。キャナルシティのあちこちにポスターが貼ってあって宣伝していました。

ちなみに等身大ゴジラのフィギュアも展示してありました。こっちはこっちで迫力あったと思います。

f:id:syerox:20180914003945j:plain

肝心のプロジェクションマッピングはたしかに大画面で、音楽もあのシン・ゴジラの音楽が大音量で流れていて迫力ありました。

実際の設定でのゴジラのサイズを考えると、キャナルシティのこのサイズでは全然小さいので、そういう点でも映画よりは迫力がなくなってしまっているというのはあるかなあと思います。

ストーリーは確かにオリジナルですが、映像は映画で見たものと同じようなものが多くてあまり新鮮味もありませんでした。

f:id:syerox:20180914004334j:plain

手前の噴水も連動していたのですが、正直こっちは思ったよりは迫力は出てないかなあなんて思ってしまいました。もっと、噴水を活かしたショーになっていれば面白かったのになあと思います。

f:id:syerox:20180914004345j:plain

ちなみに最後はスマホで参加できるプチゲームがありました。私が鑑賞したときは、ゴジラに負けてしまいました。

これはどちらかといえばゴジラよりもプロジェクションマッピングに興味がある人は一見の価値があると思っています。

これを見にキャナルシティまで行くかと言われると、私としては微妙ですが、たまたまキャナルシティに行ったのであれば、ちょっと見てみると話題にもなるので、これはこれでありだと思います。

今後も面白い企画が出てくることを期待しています。

福岡市で無料でプチ水族館を味わえる場所

水族館っていいですよね。魚が泳いでいるのをゆっくり眺めていると癒やされます。

福岡市にはマリンワールド海の中道という水族館があります。もちろんいいところですが、天神からは距離がありますし、ぷらっと行くには少し大変です。貧乏には、水族館の入館料も痛い。

そんなこんなで、天神から近くて無料で水族館気分が味わえる場所を紹介します。

ベイサイドプレイスC館にあるアクアリウムです。

f:id:syerox:20180914003056j:plain

こんな感じでウミガメも泳いでいます。

f:id:syerox:20180914003126j:plain

もちろん熱帯魚も泳いでいます。

f:id:syerox:20180914003148j:plain

この水槽1つですが、意外と大きくゆっくり眺めていられます。これが、無料で見られるって意外と素晴らしいと思っています。天神からは徒歩で25分くらいと、歩いていくには少し遠いですが、気分転換するにはいい場所だと思っています。

ちなみに、近くには海鮮丼を食べることができる場所もあるので、休日の息抜きにぷち魚気分を味わうことのできるいい場所です。

www.baysideplace.jp

ポケモンGOのフレンドを一気に増やせた方法

ポケモンGOはなんだかんだとブームは去ってしまった気がしますが、私は未だに細々と続けています。ちなみにトレーナーレベルは30です。

さて、フレンド機能が実装されてしばらく経ちました。

セレビィをゲットするためのスペシャルリサーチタスクでもフレンドを増やす必要がありました。

そこで今回フレンドを増やすためにTwitterを使いました。今回は単純にポケモンGOのアプリからフレンド追加を選んで、自分のトレーナーコードをTwitterで共有しました。

その結果、10分以内に4人の方からフレンド申請をいただきました。セレビィのタスクも簡単に終わってしまいます。

また、私はフレンド申請は行ってはいませんがTwitterで「ポケモンGO フレンド」や「pokemon go friend code」などで検索すると、フレンドになってくださいというツイートをいくつも確認できます。ツイートの時間も数分前なんてものもたくさんありました。

もっとフレンドを増やしたい人は、こういったところから申請してみるのもいいのではと思いました。

Twitterが1つのフレンド申請掲示板のような役割をしているんだなあと実感しました。

もしフレンドを増やしたいという方がいたら試してみるといいのではないでしょうか?

なにもしていないということに気づく防災対策

今週のお題「わが家の防災対策」

最近は台風21号および北海道胆振地方中東部を震源とする地震といった自然災害で大きな被害が出たようです。今年は自然災害が多いなあと感じます。インターネット上で、災害が多いので今年は大仏を建立しないとなんて意見を見かけましたが、時代が時代であれば、本当にそうなっていたんだろうなと思います。地震はともかく、台風は数日前から接近の予報が出る現代でもこの被害ですから、数百年や千年昔は同じ規模のものでも今以上の被害が出たんだろうなあと思います。

さて、我が家の防災対策はといいますと、備蓄食糧などはなし、防災袋もなし、その他備えもなしというないない尽くしです。少し考えてみましたが、もし大地震に見舞われたら災害難民となるのは間違いないです。ゆるキャンを見て興味が出てきたところでキャンプ用品を揃えておくのもいいかもしれませんね。

8月30日から9月5日は防災週間、9月1日は防災の日だったようですが、防災意識なんて全然高まっていませんでした。ただ今回のニュースで防災を意識しないといけないなあと考えています。

今は防災への備えをなにもしていない我が家ですが、昔はガラスを多く使っていた家だったので、枕元に古い靴を置いていました。地震があったときにガラスが割れても怪我をしないようにという対策です。幸い使うことはありませんでしたが。

他にも、今も一応寝ているときに棚などのものが倒れてきても、人に当たらないような部屋の配置にはしています。ただ自分は震度6を超えるような大地震には未だに遭遇していません。そのため、大きな地震だとどうなるかわからないという部分はあります。

今回の災害で、手回し発電機付きの懐中電灯やラジオを買おうと思っています。普段はスマホが便利ですが、正直一日一回は充電しないと使い物にならないというのが現状です。そういえば、停電すると下手すればブログもそもそも閲覧できなくなって役に立たないかもしれないですよね。

今回改めて、やはり自然が牙をむいたときの脅威は他とは比較にならないなあと思いました。備えあれば憂いなしというように日頃から備えをしっかりしていこうと思います。

最後に台風21号および北海道胆振地方中東部を震源とする地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

手作り賞状を作った話

手作り賞状を作りました

最近、自分の所属していた組織で一年間の功労を表彰する機会がありました。
そのときに賞状を自作しました。自作と言っても、パソコンとインクジェットプリンターと後は賞状用紙を購入したくらいです。
せっかくなので、ただのA4のコピー用紙に印刷したものよりも、しっかりしたものを作りたいなと思いまして、今回は賞状用紙を購入しました。賞状用紙はナカバヤシのものを購入しました。
12枚入で数百円だったので、手頃でした。2セット購入して1000円くらいです。
おそらく下手な折り目がつかないように厚紙が一緒に入っていたり、テスト用のプリント用紙も入っていてちゃんとしていました。
紙もしっかりしたもので、金色の賞状枠が印刷してありました。自宅のプリンターで後は文字を印刷するだけだったので、購入して良かったと思います。ただ、金属光沢のようなキラキラしたものでは無かったので、そういうものを求めている人は別のものを購入した方が良いと思います。
印刷も自宅のインクジェットプリンターでできました。さすがに、豪華な賞状とはいいませんが、レクリエーションなどで堂々と渡せるくらいのレベルかなと思います。
ナカバヤシ社のHP( https://www.nakabayashi.co.jp/product/dl-data/syoujyou/syoujyou.php ) にテンプレートがあったので、そこのテンプレートの文字を少し書き換えるだけで、そこそこのクオリティのものができあがりました。フォントは少し気になったので、HG正楷書体-PROというものに変更しました。他はほとんど工夫していないですね。
字が上手であれば、手書きで筆ペンとかの方が記念として良かったかもしれませんが、下手な手書きの字よりはプリンターの方がいいだろうと思い、プリンターで印刷しました。
オリジナルの賞状が簡単に作れて、満足です。また、機会があれば利用しようと思います。