ぷろのーと

なにかのプロになりたい人のブログ。

電子版の少年ジャンプを4年間定期購読している感想(レビュー)

もう青年ですが、未だに週刊少年ジャンプを毎週読んでいます。

以前はコンビニなどで冊子を購入していましたが、最近は電子版で読んでいます。その感想(レビュー)を書いていきます。

追記:2019/05/19:追記

私は具体的には2015年の22・23合併号から電子版で定期購読しています。だいたい4年間くらい定期購読していることになります。月額900円で、発売日の朝5時から読むことができます。週刊ですが、合併号もあるので月に3~4冊くらいが読めるイメージです。増刊号(ジャンプGIGA)も読むことができます。そのため料金的には損はないです。

私はAndroidのスマートフォンで少年ジャンプ+アプリで読んでることが多いですが、たまにPCのブラウザで読むこともあります。

ちなみに以前電子版で購入したものは(このサービスが終了しない限りは)無期限で読むことができます。

冊子版と電子版の違いについて

冊子版と電子版でいくつか違いを感じる点があります。ただ、無料のマンガアプリなどで電子版に触れたことがある人は多いと思うので、あまり参考にならないかもしれません。

電子版は部屋のスペースはとらない。当然ですが、電子版は何冊でもスマートフォンの中なので、部屋のスペースをとることはありません。正直、一人暮らしなので、冊子だとどんどん部屋に溜まっていってしまうという点が電子版を購入しはじめたきっかけです。

(スマートフォンだと)見開きは見にくい。画面が大きいタブレット端末たPCだと違うこともありますが、スマートフォンだと見開きは見にくくなってしまいます。

目次があるので、読みたいマンガから読みやすい。目次からすぐに読みたいマンガのページにジャンプできるので、雑誌への掲載順ではなく読みたい順で読みやすいです。

付録などはあまり期待できない。(改善されつつはある)ジャンプは例えば遊戯王のカードが付録としてついていたり、冊子から切り離して遊べる花札が付録としてついていたりしますが、こういうものは基本的に期待できません。当然、遊戯王カードはついてこないですし、花札などは絵柄は電子版でもみることができても、切り離して遊んだりはできません。最近は電子版からも、冊子を購入した人限定の商品の購入(いわゆる応募者全員サービス)ができるようになったりしていました。

実写化の特集ページ等で写真や俳優が灰色で塗りつぶされていることがある。これは、たぶん俳優やその事務所の意向によるものだと思います。もちろんマンガが塗りつぶされていることは無いです。

少年ジャンプ+アプリの挙動がおかしいことがある。正直これが、他の人にジャンプの電子版をおすすめしない理由なのですが、私の場合、読んでる最中にアプリが突然終了したりすることが何度もありました。他の無料のマンガアプリを使ったことがありますが、少年ジャンプ+アプリは突然終了したり、下の画像のようなフリーズしたりということがダントツで多いです。これに関してはそういうものだと割り切るしかないと思います。また、アプリはスマホやタブレットのスペックなどにも大きく影響されることは、頭の片隅に入れておく必要があると思います。


f:id:syerox:20181006213530j:image

結局、電子版と冊子版どちらがいいかは人によると思います。

私が電子版を定期購読している理由

私は、電子版の方を定期購読してしています。その理由を挙げていきます。

買い忘れがない。定期購読の最大のメリットかなと思います。電子版だとバックナンバーも購入できるので定期購読じゃないとダメだというわけではないですが、定期購読が楽なので、続けています。

・読み直しができる。前の話だけじゃなくて、1年前、2年前の話も簡単に読み直しができます。これは電子版のメリットだと思います。部屋が狭いと、紙の場合はかなり古いジャンプをスペースの都合で捨てて残していなかったりということがありましたが、電子版ならアクセスできます。古い話を読み直す場合は、ブラウザを使って読んでいます。なぜなら、一冊全部をダウンロードしないので、読みたいマンガの話だけをすばやく読み直すことができるからです。

・スマホがあればどこでも読める。例えば通勤、通学の電車の中で紙の冊子の少年ジャンプを読むと、ちょっと周りの目が気になりませんか?私は気にしていまいます。でも、電子版ならスマホで読めますよね。周りの人もスマホをいじっている人は多いので、特に気にせず読むことができます。それに、荷物がかさばることもありません。

電子版を検討している方の参考になれば、嬉しいです。